2021年11月24日水曜日

活け魚料理「びんび家」③〈徳島県鳴門市〉


テーブル工房kikiを訪ねた日、まずはランチということで徳島空港までお迎えに来てくれた木村健治さんと京子さんが向かったのは、うどんかな~~~と思いきや、なんと!!!


青天のびんび家! 寝耳にびんび家! 薮からびんび家!



サプライズ来たーーー\(^^)/ びんび家に到着。びんびとは、徳島弁でおさかなのこと。海沿いを走る国道に面した、海の家ならぬ魚料理のお店。BANされても禁止されてもやめろって言われてもテンション上がります。前回記事にしたのは10年以上前のこと。当時の人たちをご覧になりたい方(が万が一いらっしゃいましたら)、こちらをどうぞ。

海の幸カレー、刺盛定食、びんび飯、ひらめの唐揚げ。ああ、お魚天国ですぞい。

ちょっと遠いと思っていましたが、空港から20分ちょいくらいなんですね。ありがたやありがたや。



びんび家

徳島県鳴門市北灘町粟田ハシカ谷20-2

088-682-0023

営業時間(平常時)

平日 9:00~16:00

土・日・祝 9:00~21:00

年中無休

海の幸カレー 1,500円 刺盛定食 1,800円 びんび飯 600円 ひらめの唐揚げ ヒミツ

あなたにくぎづけです。 no.76



2021年3月19日金曜日

エーランチの巻(11)会わなくては解決しないことがある


リモートミーティングやインターネットを使って、会わなくても、離れていても、移動時間ゼロで打ち合わせする機会が増えました。それはとても良いこととして実践してきたこの1年ですが、会わなくては解決しないこともある!



一つの資料を囲んで打ち合わせをすることは、距離感だったり話し合いの応答が素早くなる感じ。しかし、距離や時間よりも、そこでのやりとりの中で考えて決める濃さこそが、リモートではなしえないことだと実感します。昨年引っ越した事務所の建物敷地の桜は、東京より1日遅れでこの日開花。埼玉だから1日遅れなのか。




2020年7月5日日曜日

銀座「白」〈東京都中央区〉

 GSで撮影を行った日、O谷さんが連れていってくれたのは銀座の料亭「白(はく)」のランチです。はく!

魚料理の定食です。メインの魚と刺身と小鉢と新香と味噌汁。一皿一皿がどれも滲み入るようなおいしさで、おいしさを感じる脳の感受性が奢ってしまいます。丁寧につくられた料理は、食べ方も丁寧にしてくれます。おいしいものをいただく幸せと感謝のランチでした。



東京都中央区銀座7-12-5 貝新ビルB1F
03-5565-1717
営業時間 昼11:30~14:00 夜18:00~24:00

定休日  土・日・祝