2019年6月18日火曜日

珈琲所「コメダ珈琲店」碧南店〈愛知県碧南市〉

イシハラスタイルの撮影で碧南を訪ねた日、ちょっと休憩で石原さん、智葉さんが連れてきてくれたのが、珈琲所「コメダ珈琲店」

全国に800店舗以上あるそうですから、有名店ですね。しかし、活動範囲がたまたまコメダを外しているのか、数えるほどしか入ったことがありません。


智葉さん曰く。「シロノワール食べるしかないっしょ!」と、熱くて冷たくてふわふわであまーい一品を大人っぽくシェアしていただきました。智葉さんはソルトクリーム盛り盛りのコーヒーフロート、N田は生クリーム盛り盛りのウインナコーヒー。大人っぽいチョイスです。


珈琲所「コメダ珈琲店」碧南店
愛知県碧南市霞浦町2-37
0566-42-6888
営業時間 6:30〜22:00
定休日  なし

蕎麦和房「俵」〈浜松市中区〉


大工の自邸プロジェクトで浜松を訪ねた日、大瀧建築の大瀧さん、彩央里さんに連れっていってもらい、夜のミーティングを行ったのが、蕎麦和房「俵」です。


蕎麦屋さん? あ、突き出しは熱々の茶碗蒸し。嬉しい! 刺身盛りは全国の漁港をめぐるような魚天国っぷり。


彩央里さんイチオシは、かんかん娘のかき揚げ。かんかん娘は甘々娘と書くスイートコーン。新鮮であまあま、この時期だけのおいしさを堪能。

そして、締めの一品は、麺好きの大瀧さんがずーっと気にかけていたざる蕎麦。打ち立てです。ああ、やっぱり蕎麦屋さんのお店でした。そりゃ蕎麦和房といってるのですから。


浜松市中区田町331-8 
053-455-3755
営業時間 月~木 11:30~13:30 17:00~23:00
     金・土・祝前日 17:00~26:00
     祝日 17:00~23:00
定休日  日

2019年6月17日月曜日

「五味八珍」浜北インター店〈浜松市浜北区〉


天竜を訪ねた日大瀧建築の大瀧さん、彩央里さんに連れてってもらったランチのお店が「五味八珍」。ほぼ静岡県内だけに店舗展開している中華ファミリーレストランです。
浜松餃子はもちろん食べたい。ラーメンは、醤油、白湯、あんかけ、つけ麺、どれもおいしそう。チャーハンもあるし唐揚げもマーボーも。ランチメニューはこれらが様々に組み合わせられ、多様なセットとなって我々(わいだけ?)を翻弄します。

餃子とラーメンとチャーハンと唐揚げとマーボー豆腐が食べたい、と駄駄をこねるわけにもまいりませんので、悩んだ挙句に野菜ラーメンと餃子6個のセットを選択。あ、中村さんのつけ麺のセットは餃子が12個だ! 席が別れた雄也さんはチャーハンのセット! 隣の薔薇は赤いとは、この状態だらー。
ファミリーレストラン侮るなかれ! 期待をはるかに上回る野菜ラーメンのスープの美味しさ。餃子もさすが浜松。地元を大切にする食べ物屋さんは、信頼に値することをこの話は語っています。
地元を大切にするといえば、この方もここぞというときのコンサート会場は、さいたまスーパーアリーナ。地元愛。


浜松市浜北区豊保107-19 
053-588-2012
営業時間 11:00~22:00

定休日  無休

2019年6月7日金曜日

すしやの「つる八」の秘密 その50〈徳島県徳島市〉


旨いものに釣られて徳島に通っているという噂の震源地となったすしやの「つる八」。このおいしさは内緒にしておきたいけど、誰かに伝えずにはいられない。今回の秘密は、この記事、シリーズ50回目♪( ´▽`)

徳島を訪ねた日、宮崎椅子製作所テーブル工房kiki、デザイナーの小泉さんこいずみ道具店の大柴さんと8か月ぶりにつる八に集合。気合いを入れていくぞー!


先付けのトコブシを味わっていると、いきなり主役級のワタリ蟹登場。たっぷりの身がほぐされ蟹味噌と和えられて甲羅に盛らてれきます。至福。そして嬉しい生もずくはこの季節の定番。
盛り上がってきたところで、本日の旭若松は温めてもらいました、しみるー。刺身は鱧にアコウ、大トロは舌の上でシュルっと溶けてジュースのよう! 鮎の握り、来たー。鮎のフライも、来たー。これでもかこれでもかと、おいしい夏がやってきます。握りは、シマアジの漬け、世界一のコハダ(ワイ認定!)、伝助穴子、最強軍団じゃ。
つる八、さすがです、感服です、満腹です。


徳島県徳島市富田町2-9-1 アクティブファイブ1F
088-622-1841

営業時間 17:30~24:00 *日・祝定休

2019年6月6日木曜日

健軍の杜「木斛邸」〈熊本市東区〉


熊本を訪ねた日三友工務店の古閑さんが連れて行ってくれた夜のミーティング会場が、健軍の杜「木斛邸」です。

たけみやのもり・もっこくてい、その名からしてありがたい雰囲気。大正元年に建てられた小代焼きの窯元の豪邸を移築、再現した建物ということで、時間によって熟成された贅沢な空間がご馳走です。畳の座敷で、椅子に座って料理をいただきます。


天草の海の幸を中心とした新鮮な食材が、絶妙に調理されて運ばれてきます。これぞ和食のおいしさ! と思っていると、フランス料理を思わせるようなお皿も登場します。
空間も料理も大正ロマ~ン♪ 素敵な夜がふけていくばい。ロマンチックといえば、筒美恭平氏&松本隆氏のプラチナコンビのこの曲をどうぞ。筒美っ子バージョンもあるばい。


熊本市東区健軍4-6-5
096-331-4555
営業時間 昼の部 11:30~15:00
     夜の部 11:30~15:00

定休日  火曜

2019年6月4日火曜日

「にぼらや」西銀座通り店〈熊本市中央区〉

熊本城を見学したあと、熊本でおいしいラーメンという評判を嗅ぎつけたM澤さんの引率で訪ねたのが「にぼらや」。ねえねえ岡村、にぼらってなあに?
熊本ラーメンというと豚骨こってりかと思いきや、こちらは煮干しだし。鳥と豚もあわさっているようですが、煮干しの旨味が主役の煮干しラーメンです。


お店の謳い文句のとおり、「喉の乾きがない」スープは、最後の一滴までいただけます。やや縮れた、やや細めの麺とよく合います。チャーシューはやわやわうまうま。スープを2度楽しむためにご飯が付いてきて、麺がなくなったら残っているスープにご飯を入れて雑炊のようにして煮干しスープを味わうのだそうです。お店の方のTシャツには「DOGYAN, UMYA DO!?」と書かれています。まうごっつうみゃー!! ラーメン大好き小泉さんにも食べてもらいたい!

熊本市中央区新市街ニの二
096-354-8897
営業時間 11:00~26:30
     土日祝前日 ~27:30

定休日  無休

2019年5月16日木曜日

くいもんや「天ヒロ」〈愛知県西尾市〉


西尾を訪ねた日イシハラスタイルの石原さん、智葉さんに連れてってもらったランチのお店が、くいもんや「天ヒロ」。西尾での夜の打ち合わせで定番のお店です。

そんなお店でランチは初めて。メニューは、日替わり、天丼、カツ丼、フライ。智葉さん曰く、「いちばんいいのはきっと日替わりなんだけど――」、なんだけど何なんだろう。言いたいことはわかります。日替わり有力説が行き渡っていたのに、この日は天丼派、カツ丼派、フライ派に別れました。


まず出来上がってきたのはフライ。お盆が大きい! エビ、クリームコロッケ、串カツに大きな鳥唐揚げ。サラダがたっぷり添えられて、小鉢だけでなく、刺身とフルーツまで付いてくる御膳ぶりです。続いてやってきた天丼、カツ丼は、アタマがでかい。天どーん丼、カツどーん丼です。こちらも刺身とフルーツが付いてきます。
味も品数もボリュームも大満足。お値段2千円近いかと思ったら、なんと、1000円でお釣りをいただきました。日替わりは、千円よりちょっとお高いそうですが、どんだけ料理が載ってくるのか、底知れない天ヒロです。(ママは夜になると髪の盛りが天井知らずになります)

地元愛知県出身のてちこと平手さんは茶碗蒸しがお好きですから、西尾にお出かけの際は茶碗蒸しつきの天丼をおすすめします。


県西尾市道光寺町天王下10-30
0563-56-3997
営業時間 11:00~13:30
     17:00~23:00

定休日  月曜