2019年2月13日水曜日

蕎麦肴酒「さらざん」〈徳島県藍住町〉

テーブル工房kikiを訪ねた日、木村健治さん、京子さんに連れてってもらったランチのお店が、蕎麦肴酒「さらざん」。以前、夜のミーティングで訪ねたお店です。
お昼のメニューはシンプル。あったかいメニューは、かけ、鴨南蛮、天ぷら蕎麦。冷たいのは、ざる、月見とろろ、鴨汁。


こちらのお店、こだわりの手打ち蕎麦です。こだわりの蕎麦屋さんというと、盛りがちょこっとで、ざるなら3枚食べてもまだ足りない、というのが歯がゆいところですが、さらざんの蕎麦量は十二分、食べごたえがあります。天ぷら蕎麦は大きな海老が3匹、揚げたてうまうま。巨木の丸太を積んだようにのかってきて、蕎麦の質量=海老の質量くらいでしょうか。センターの海老天の存在感ありありです。鴨肉もいけてます、じっくり炙ってあり、ネギの香りと最高のマリアージュじゃ。最後は鴨汁を蕎麦湯で割って満足のうえに満足を重ねる幸せ。蕎麦と鴨のダブル主役が最後まで味わえます。
センターといえば、平手さんが帰ってきて8連続センターが決まり、すこしホッとしました。


徳島県板野郡藍住町矢上北分68-4
088-678-9824
営業時間 昼 11:30~14:30(金・土・日のみ)

          夜 18:00~23:00 *月曜定休

2019年2月8日金曜日

骨付き阿波尾鶏「一鴻」徳島本店〈徳島県徳島市〉


徳島を訪ねた日、宮崎椅子製作所テーブル工房kiki、デザイナーの小泉さんこいずみ道具店の大柴さんと夜の打ち合わせで集まったお店が「一鴻」

徳島というと肉より魚料理の経験値が圧倒的に高いのですが、今回はお初のお店で鶏づくしです。


せせり、ぼんじり、モモ肉のチキン南蛮、ヤゲン軟骨、特性つくね、肝煮込み、シザーサラダには厚切りの鶏ハムがどどーん! まぎれもなく鶏づくし、どれもおいしくて、阿波尾鶏サイコー! メインディッシュは、名物骨付き鶏。親鶏と若鶏の2種類があって、それぞれ抜群の味わいでした。しめの焼きおにぎりにも鶏そぼろが入っていて、これでもかこれでもかと阿波尾鶏を堪能しました。


徳島県徳島市仲之町1-46 アクティアネックスビル 2F
088-623-2311

営業時間 17:00~24:00 *無休